トラック・ダンプ用部品販売
大阪

クルマ・トラック部品販売  ・車検・架装 フリーマーケット123 

【 トラックと車のあらゆる部品とパーツ販売 】 担当 宮園(みやぞの)携帯 090-3652-3779まで


  1. 販売中の部品等の商品一覧、クリックしてください。
    ★当社販売商品!トラック部品・自動車部品 ★


  2. 取扱部品は平ボデイ、クレーン、ユンボ、高所作業車、特殊車、ウイング、バン、ダンプ、重機、ユンボ、ラフター、パッカー、アームロール、冷凍車、高圧洗浄車、発電機など各種部品を取扱いしています。

  3. 新品パーツ・リビルトパーツ・中古パーツ各種取扱しています。お電話にてお問い合わせください。

  4. FAX 072 820 7723、MAIL truck123f@yahoo.co.jp まで ご希望の部品をご記入の上、お送りください。

  5. 部品の取付、トラックやダンプなど架装をお受けします。お電話もしくは下記リンクより用紙を取出してご記入の上でFAX下さい。MAILも可能です。

  6. 商品は郵送(元払い、着払い)にてお客様までお届を致します。

    当社へお振込みの銀行口座

      三井住友銀行 門真支店(カドマ)
     普通 3541988  
     有限会社フリーマーケット123
     (ユウゲンガイシャフリマーケット123)

  7. ★ トラック架装の参考写真と 架装の見積依頼はこちらからどうぞ ★

    ダンプのコボレーン取付、床鉄板取付、アオリ穴加工、クレーン取付と修理、ラジコン取付、パワーゲート取付、深ダンプ制作、油圧装置取付など簡単な事から複雑なことまでお受けします。


  8. 当社は固定をできる限り削減し、広告媒体はWEBのみのWEB専門店です。中間マージンをカットし高品質を低価格にてご提供する事をお約束します。

  9. お探しのトラックについて、車両がありましたらお問い合わせください。 また、お探しのトラックの種別、寸法等を教えて頂ければ当社にてお探しします。どうぞお電話・FAX・MAILにてお問い合わせください。

  10. クルマ・トラックの部品検索 TRUCK123

     部品・バン・ウイング
     部品・平ボディ
     部品・ダンプ
     部品・クレーン
     部品・室内パーツ
     部品・内装パーツ
     部品・外装パーツ
     部品・電装パーツ
     部品・マーカーランプ
     部品・エンジン
     部品・ミッション
     部品・マフラー
     部品・排ガス装置
     部品・速度制御装置
     部品・キャビン
     部品・バンパー
     部品・ネタ木
     部品・工具箱、ツールBOX
     部品・タイヤ
     部品・ホイール
     部品・オイル・フィルター
     部品・バッテリー
     部品・セキュリティ、レーダー
     部品・アクセサリー
     部品・ETC
     部品・CD、MD、DVD
     部品・ナビ・TV
     部品・その他

    ★中古トラック販売の(有)フリーマーケット123のHP★

    お探しのトラック(求車)のお問合せ

    TRUCK123 中古トラック販売情報一覧 小型 中型 大型

クルマ・トラック部品販売  ・車検・架装 フリーマーケット123   E-mail: truck123f@yahoo.co.jp
★〒572-0866大阪府寝屋川市小路南町6-9★←クリックすると地図が表示
TEL: 072-820-7712  FAX: 072-820-7713    担当: 宮園 (090 3652 3779)

取扱しているトラック

中古トラック 平ボディー アルミバン アルミウィング 冷凍車 冷蔵車保冷車 特殊車輌 ダンプ 1BOX 商業バン バス マイクロバス 軽バン 軽自動車

ステーションワゴン


ステーションワゴンは、大まかには3ボックスセダンの屋根をトランク後端部まで伸ばし、その屋根とショルダーラインとの間にもガラスとピラー(柱)を入れてトランク部を大きな荷室としたものという生い立ちである(乗用車ベース。 よってナンバーは3か5)。 対して同様の形状をもつライトバンの生い立ちはピックアップトラックの荷台を屋根つきの貨物室とした、という発想であり(トラックベース。 よってナンバーは1か4)、両者は全く似て非なるものである。 しかし日本ではライトバンも貨物室の両側面にガラスのウィンドウをもつため、一般的にステーションワゴンとライトバンは全く同じものと一般的に間違って捉えられており、なおかつ両者はコスト面から全く同じ車体を使用して生産されることも多かったため、一般的にはステーションワゴンとライトバンの生い立ちの違いからなる両者の違いが理解されているとはいいがたい。 しかし自動車発祥の地である欧州においてはライトバンで貨物室の両サイドに日本のそれのようにガラスウィンドゥをもつものは存在せず、荷物室の両側はボディと同じ鉄板製であり窓をもたないため、ワゴンとバン両者の違いは顕著である。 しかしながら車高や全長はセダンと同程度で、後部座席後ろの荷室は、後部座席をたためば更に大きな荷物を載せることができるためステーションワゴンは荷物を載せて運ぶライトバンと同じもののと見られており、現在でも新聞においての事件報道などで、本来であればワゴンと書かれるべき車種がライトバンになっていることが多いなどもそれらの認識不足に基づくものである。
一般的にはステーションワゴンは十分な貨物スペースを保持するものであり、貨物スペースが大きいのが特徴であるが、近年はデザイン的な面からカーゴスペースを小さくしたため、ハッチバックタイプとの上の区別は難しいモデル、またハッチバックでありながらワゴンと名乗るモデル(マツダ・ファミリアショートワゴン)等、メーカーや時代によっても基準は分かれる。また、車検証での'車体の形状'の表記種別の一つでもあり、トヨタ・イプサム等一般的にミニバンと認識されている車両も車検記載上はステーションワゴンとして扱われる。ステーションワゴン以外にはセダン、クーペ、ミニバンなどがある。
しかし、趣味的な利用の増加によって優れた居住性や高いドライバビリティを持ったステーションワゴンが登場し、現在では、積載能力にも配慮しつつ上質な性能を持つものとして認識されている。
走行性能、居住性、積載能力、駐車場での取り回し、燃費などについて、高い領域でのバランスを持ち高い実用性を持つものの、1990年代半ば以降、その人気・需要は、クロスオーバーSUVやミニバンに転じている傾向が強い。こうした新しいジャンルの車種とステーションワゴンとの境界は現在、非常にあいまいになっている。

いすゞ自動車株式会社


いすゞ自動車株式会社(いすずじどうしゃ、英称:Isuzu Motors Limited)は、主にトラック・バスの商用車を製造する日本の自動車メーカーである。ゼネラルモーターズの関連会社だったが、2006年4月に資本関係を解消した。
日本国内の自動車メーカーの中で最も古い歴史を持つ企業のひとつであり、自動車・船舶・産業用ディーゼルエンジン技術に定評がある。
「いすず」ではなく、「いすゞ」が正式名称である。これは、書家・永坂石?の書風で石?流と呼ばれるものである。中国語圏は、「五十鈴」という漢字で表記する。
「いすゞ」の名は伊勢神宮(三重県伊勢市)の境内に沿って流れ、神宮における潔斎の場ともなる五十鈴川に由来する。元は商工省標準形式自動車として、前身となったメーカー各社と当時の鉄道省によって1933年(昭和8年)に共同開発された大型自動車(のちのいすゞ・TX・BX系各車の原型)に、1934年に付けられた名前である。以後、企業合併や社名変更などの変遷を経ながら、太平洋戦争直前から戦時中にかけ、大型車両とこれに搭載する高速ディーゼルエンジンの分野で、国策企業として開発をリードした。
太平洋戦争後はトラック・バスなど、大型ディーゼル車両の生産で日本を代表するメーカーとなる一方、1953年以降はイギリス車、ヒルマンのノックダウンで乗用車生産にも進出し、総合自動車メーカーを目指した。かつてはトヨタ自動車、日産自動車とともに日本自動車業界の御三家とも言われていたが、乗用車部門は長らく不振であり、1990年代より経営危機に陥りリストラを繰り返すようになった。
1993年には乗用車(SUVを除く)の自社開発・生産から撤退し、日本国内では本田技研工業などからOEM供給を受けて販売を続けた。その後もビッグホーンやウィザードといった自社製SUVの販売は続けられたが、2002年9月には日本国内での乗用車・SUV販売を打ち切り、乗用車事業から撤退した(ただし、現在販売中のコモは乗用車登録が可能である)。
また、関連企業との合併による拠点の集約など、極めて大規模な人員削減などを行った。株価が一時、自動車メーカーとしては最低の31円まで落ち込むなど、事態は極めて深刻であったが、みずほ銀行やゼネラルモーターズ(GM)の大掛かりな支援もあり、現在では再建を成し遂げている。
いすゞの復活は単なるリストラだけでなく、ディーゼル自動車の排気ガス規制強化(いわゆるNOx規制など)を発端とする、商用車(トラックやバスなど)の買い換え特需によるところが大きい。
アメリカ合衆国ではGMからSUVとピックアップトラックのOEM供給を受けて販売を続けていたが、これも2009年1月31日を持って販売を終了した(なお、販売ディーラーは既存ユーザーのためのアフターケア・サポート事業の為にのみ存続していくことになる)。現在は東南アジアや南アフリカなどでSUVの販売が行われている。
2006年4月にGMとの資本関係を解消し、その後が注目されていたが、同年11月7日にトヨタ自動車と資本・業務提携を行うことが発表された。既にトヨタグループの日野自動車とはバス事業の統合(ジェイ・バス株式会社発足)を行っており、今後はトラック部門での連携強化の可能性も考えられる。また、乗用車用ディーゼルエンジンやSUV(いすゞからビッグホーン→ホライゾンとミュー→ジャズ)、ミニバン(ホンダからオデッセイ→オアシス)の供給では本田技研工業と相互協力関係があった。そのため、1993年の小型乗用車の自社生産中止後、2002年に自社生産されていたSUVを含む乗用車の販売事業から撤退するまで、ホンダからのOEM供給を受けていた。

軽貨物自動車(軽トラック、軽ボンネットバン、軽ワンボックス)

軽自動車の規格内の大きさ・積載量のものである。自家用(商店、農家など)・営業用(「赤帽」など)の登録区分あり。これらの車両は『軽貨物』等と表記される。

貨物自動車


貨物自動車(かもつじどうしゃ)は、主に貨物を運搬する構造の自動車をいう。一般には「トラック(truck)」、又は「商用車」と呼ばれる。
主に物資を運ぶ手段として広く活用されている。後述の通り、車体の大きさや重さ、積載可能な重量、装備(架装)の状態等により様々に分類される。専門的には「自動貨車」とも呼ばれる。
当初は荷物を運ぶ目的の他、軍隊においては歩兵などの移動手段としても普及した。なお日本で初めて自動貨車を運用したのは陸軍の輜重兵(しちょうへい)だったとも言われている。今でも軍隊における不可欠の装備となっている。

守口市・門真市 クルマの保険事故修理
車のガラスコーティング 福岡県・長崎県・熊本県・佐賀県
穣渡証(自動車・トラック名義変更用)
守口 バン販売情報
車の塗装 堺市・和泉市・高石市
マエダクレーン買取 富山県
ミャンマーってこんなところです。 ビジネス
エンジン修理 守口市・門真市(大阪)
サーフショップ 近畿
ユニッククレーン取付 豊岡市・養父市・丹波市・篠山市(兵庫県)
ユーザー車検代行 寝屋川市・四条畷市(大阪府)
八尾市・柏原市 24時間レッカー 事故修理 ガレージアップ
ユニッククレーン乗替 大阪市(西区・北区・中央区・旭区・浪速区)
松原市・藤井寺市 中古トラック買取
事故車のレッカーサービス 大阪市(西区・北区・中央区・旭区・浪速区)
大阪のヒルトンホテルの写真紹介 Hilton Osaka hotel
ユニック塗装 池田市
摂津市・吹田市 クルマの保険事故修理
大東市・東大阪市 クルマの塗装修理
御社の商品販売促進、無料のフリーマーケットオークション 音楽関連(CD、DVD、楽器)
解説:車とトラックの受渡までの流れ
車の塗装 大阪市(住之江区・此花区・西淀川区・福島区)
クルマのラジエータ交換修理 大阪市(阿倍野区・生野区・住吉区・城東区)
事故車、出張無料見積、画像見積 箕面市・豊能町
サーフボード修理(リペア) 近畿
阪神高速守口線のドライブの写真紹介(大阪)
ユニック買取と販売のトラック123 藤井寺市
クルマの板金塗装修理 枚方市・交野市(大阪府)
高所作業車買取のTRUCK123 堺市・和泉市・高石市
くるま中古パーツ販売と取付 大阪市(住之江区・此花区・西淀川区・福島区)